MESSAGE代表メッセージ

セキ・エンタープライズの特徴

関社長
代表取締役社長 関 秀樹

デベロッパーとは、英語で「developer(開発業者)」を意味します。
デベロッパーが行う事業としては、不動産の土地取得から、施工して建物を完成、販売まであり、

など、多岐に渡ります。
弊社セキ・エンタープライズではマンションや商業ビル物件完成後に賃貸として運営しているのが特徴です。
2018年現在、国内(横浜市都筑区をメイン)に13棟と、今、人口が増えているハワイのオアフ島で試験的に3部屋のコンドミニアムを運営しています。多くは商業用賃貸物件になります。また、駐車場や貸倉庫などの運営も行っています。

「賃貸」にこだわる理由

「賃貸」にこだわる理由は、私たちがその域地で永続的に賃貸物件を提供することによって、借主であるお客さまが住環境あるいは大切な経営資源を有効に活用することができる、と考えたからです。

住まいで言えばご家族の人数増減や年齢構成の変化、会社を運営していく上では、社員数の増減や機材の入れ替え、業務形態の変更など、状況は常に変わっていくものです。そしてその状況に応じてマンションやオフィスの移転はつきものです。

しかし、引越し作業というのは、想像以上に大変なことです。費用はもちろんですが物件を探すことから始まり、引越し日までの計画、運搬、移動、そして、ご家庭なら住所変更による通勤通学路の激変や転校、会社なら各種届け出や取引先顧客への連絡、勤務地変更に伴う従業員へのフォローなど、時間と労力がかなりかかります。時間と労力はもちろんですが、「立地」は費用と同じく大切なご家族の財産、会社の経営資源です。

弊社セキ・エンタープライズでは、同じ建物、ケースによっては近隣地域の中にさまざまなバリエーションのスペースを用意し、至近距離の移動だけでより快適なスペースへの引越しができるよう努めています。つまり、引越しにかかる時間と労力を大幅にカットし、ご家族や、会社の経営資源としての立地を維持することができるわけです。お客さまに長くご利用していただくには、フレキシブルに活用できるスペースを都度提供するべきだと考えます。
また、もちろん移転に伴う弊社との手続きにおいても、ご利用実績があればスムースに進めることができます。

お客さまの満足のために

関専務
代表取締役専務 関 晴樹

お客さまに満足していただける建物づくりには相当こだわっています。たとえ建物の中にいろいろなバリエーションのスペースがあるといっても、その建物自体に魅力がなければお客さまは他の建物を選んでしまいます。

お客さまにとって魅力的な建物であるために、外観はもちろん機能面の充実にも重きを置いて、その時代のニーズに合わせた設備を導入することを常に心がけています。機能性と快適性と安全性を徹底的に求め、その地域で決して他の建物に見劣りしないものを1991年の創業時から造ってきました。

建物完成後も快適に使っていただくために、そして新たな建物の参考とするために、入居されている方たちを対象にヒアリングを行っています。外で汗をかいて会社に戻ってきたときにフッと落ち着けるようなアロマをエントランスに導入したり、植栽のメンテナンスを頻繁に行ったり、お菓子の販売機を設置したり、トイレ内に小さな個人用ロッカーを設けたりと、ヒアリングを参考に改良改善もしています。

関常務
常務取締役 関 晃

建物運営には地元の不動産会社とタイアップをしています。地元に熟知した不動産会社との連携がお客さまのニーズを知る上でとても重要です。

もちろん定期メンテナンスも怠りません。入居の入れ替わり時には、さらに随時メンテナンスを行います。新しく入居してくださるお客さまをがっかりさせるような建物にはしたくありませんから。古いものは新しく変えていかないとその建物全体が機能しなくなってしまいます。住居も商業ビルも時代に合わせたリノベーションが必要ですし順次進めています。プライドを持って入居してもらえるような建物を目指し、これからもどんどん改良していく予定です。

常に挑戦し、展開していく

関社長

新しいニーズにも応えられるよう、時代に合わせて試行錯誤していくことはとても重要です。時代遅れの建物では、お客さまに満足していただけません。今後は新築物件の建設だけではなく、中古物件を完全リノベーションをして長く使うことにも注目しながら、さらに海外にも視野を広げていきたいと思っています。

関係各社からいただく様々な提案も柔軟に検討し、決して現状に満足せずに、何事にも本気で挑戦し展開していきたいと考えています。

代表取締役 社長関 秀樹